雷鳥社で写真集の打ち合わせ

夜行バスで上京

東京の雷鳥社で写真集の打ち合わせがあり、上京しました。
行きは大阪市北区の中津にあるプラザモータープールから3列独立シートのバス、ジャムジャムライナーに乗り、23時20分に出発。
料金はネットで事前に購入して5800円。3列独立シートでは最安値だと思います。
若い頃は東京まで片道2800円の4列シートの夜行バスに乗っていましたが、年齢的なこともあり、3列シートの快適さを知ると、もう戻れないですね。
到着は東京駅八重州に7時すぎに到着。
バスで寝て、目覚めたら目的地に到着するので、夜行バスは個人的に好きです。

打ち合わせまで時間があったので新宿のアイデムギャラリーシリウスに立ち寄りました。
高橋宣之写真展「神々の水系」高知の仁淀川という限定的な地域の中で水系というテーマで撮り続けている神秘的な作品です。
この日は写真展の初日で、作者の高橋さんが在廊されていて、1時間ほどお話をお伺いさせていただきました。
作品のことはもちろん、写真家としての仕事や日常まで。高橋様、お忙しい中、ありがとうございました!

その後、神保町にある書泉グランデへ。
ここは以前からずっと行きたかった場所で、店内はまさに趣味の本の世界!!
入り口に北斗の拳のレトルトカレーが置いてあったり、階段には様々なパネル展示、他の書店では見かけないような世界観の書籍まで。スタッフ様の意気込みが伝わってきます。


雷鳥社に到着。
著者である自分、担当編集者、シナノ印刷の担当者の3社で打ち合わせ。
今後の流れとして、1月中旬に色校正が届き、1月下旬に戻し、2月中旬に印刷の立ち会い、2月末、もしくは3月に写真集発売。
打ち合わせ後に、三井昌志さんと山本高樹さんの写真集の担当編集者、益田さんともお話ができて、写真集制作の参考になりました。
色校正が届くまで、待機時間となりました。この時間を利用して写真展の審査を受けるので、インクジェットプリンターでプリント作りです。